Freeの刺繍データをダウンロード

  • 2017.04.24 Monday
  • 15:31

ミシンが修理から帰って来たので、ネットで無料で手に入れた刺繍データを

刺繍してみました。

 

刺繍の途中↓

 

ミシンの画面ではこんなふう。ハスクバーナデザイナー1なので

ちょっと見にくいです。SEとかルビーとかダイアモンドという

機種だともっときれいで見やすいです。

これは150mm×150mmの刺繍枠を使う刺繍なのですが

その刺繍枠は持っていません。

手持ちの240mm×150mmの刺繍枠で出来るはずと

思ったらミシンが「刺繍枠の大きさが違います」と表示が。

えっ?その刺繍枠買わないといけないの??

新宿オカダヤのバーゲンに行ったついでにミシン売り場の

お兄さんに聞いてみたら在庫はないということ。

結果買わなくて良かったのです、画面の刺繍枠のマークを

押すと大きい刺繍枠に切り替えられるのでした。

すっかり忘れていました、良かった〜刺繍枠たしか、7000円とか

それ以上です。

刺繍完成です。大好きなミシンの刺繍、しかも無料のフリーデータ。

デニムに刺繍しました、何を作ろうか…。

オカダヤさんに行くとミシンを眺めます。

店員さんが寄って来ないように長いはしませんが。

今回は工業用のミシンがデーン!とありました。実はほしいです。

それがあれば、帆布のバッグとか厚地のデニムとか縫えるでしょう。

スピードも、もっと出て気持ちがいいでしょう。

お値段を見たら、なんとミシンの設置料だけで5万円!!!

工業用ミシンってそういうものなのか、ヤフオクで中古のを見ると

3万とかでもありますが、家に運び入れるだけでも大変と想像は

していましたが。やはり職業用ミシンが気楽ですね。

で、どうせ置き場所もないのです。

ミシンが修理から戻ってきたので早速、刺繍しました

  • 2017.04.17 Monday
  • 23:22

 去年トートバッグを作るために帆布を裁断してあったのですが

ポケットにミシン刺繍をしたいと思ってやってみたら、刺繍データの

入ったUSBスティックをミシンが読み込まなくて

今年に入って修理に出し、やっと戻って来ました。

 

 刺繍したいデザインは決まっていたのでミシンにUSBスティックを

差し込んでみましたが〜「受け付けられません」だの「USBスティックが

入っていません」の文字が出てUSBスティックを出し入れして

4度目くらいにやっと出来ました。(電源をおとして、コンセントも抜いて

ということもしました。)

 

 水色のトートバッグと紺色のトートバッグを作るのでポケットに

2種類の刺繍を入れました。

 画像の色がうまく出ません。刺繍データは外国のサイトから買ったものです。

ハスクバーナのミシン刺繍はやっぱりきれいです。

修理といっても普通のメンテ(油を注したり中の清掃をしたり糸切りを

新しく交換したりだそうです。)のみで基盤の交換などは

ありませんでした。ミシンの音は最初の頃の音に戻りました。

なぜUSBスティックを読み込まない時があるのかはわからないそう。

外観とてもきれいだけれど、ミシンとしてはお年寄りなのでしょう、

デザイナーUSB1だもの。心の中でミシンをおだてたら、ちゃんと

作動して刺繍データを読み込んでくれました。

大事にして出来るだけ長く刺繍してもらおうと思います。

 

 

 

 

家で着る服

  • 2017.04.05 Wednesday
  • 10:16

 毎年冬場、家ではフリース素材の服を○ニクロで買って来ています。

でも今期は裏ボアだったり家中で着るには適しているものが

ありませんでした。

朝は未だ寒いし、やはりフリースのものがほしいので

手芸店でフリースの布を買って作りました。

 丁度「ミセスのスタイルブック」に載っていたデザインが

前開きではありませんが、試しに作りたいデザインだったので

ミセスのスタイルブックの製図ページを参考に「パタピッ」で

パターンを作り縫いました。

裾、袖口はカバーステッチ、衿ぐりもカバーステッチなのですが

Vのところが縫うのが難しくミシン縫いしたところもあります。

ほつれない素材なのでロックミシンでかがりませんでした。

縫い合わせはミシンで普通に大丈夫でした。

丈は後ろを長くしました。

刺しゅうPRO NEXTで

  • 2017.04.02 Sunday
  • 00:46

 ハスクバーナのミシンを3週間前に修理に出しました。

ミシン屋さんが来た時はUSBスティックがすぐに読み込めました。

わたしが何度もやってだめだったのに。

でもまた読み込めなくなるかもしれないし、買った時よりも

音が高いので、油切れではと思い、修理に出しました。

 で、手持ち無沙汰なので、また刺しゅうPRO NEXTを

やってみました。

簡単な絵を手書きで、それをスキャナに読み込んで

フォトショップで開いて、絵のところだけ切り取って

保存。刺しゅうPROのレイアウトセンターで開けない〜

いろいろな拡張子で試してみても開けない〜

ネット検索したら開くのはデザインセンターでした。(汗;)

数年に一度って感じでやっているので、なかなか覚えません。

苦労しながらやっと出来たのがこれ↓

高さ3.4cmほどのワンポイント刺繍。ブラザーのSN100

(現在は販売していません)で刺繍しました。

一番最初に買った刺しゅうPRO Ver5にはマニュアル本が

付いているのでそれを見ながら暇を見つけてじっくり

お勉強してみようと思います。

 

ドロップショルダーショートスリーブ

  • 2017.04.01 Saturday
  • 09:06

 半袖のシャツブラウスを作ってみました。

画像だと奴さんみたい…

 

前回作った長袖と同じ布です。

白い布なので見返しとか表に透けて見えるので

今回は工夫しました。

でも長袖のほうが良く見えるのは??

どうしてでしょう。

ポケット位置を1cm上げました。ポケット位置は

これで正解でした。

職業用ミシンのボタンホール

  • 2017.03.31 Friday
  • 15:14

 ネットで、洋裁関係のブログなどを見ると職業用ミシンの

ボタン穴かがり機はきれいに出来ないので家庭用ミシンで

ボタンホールを作っているという情報がよく出てきます。

 

 わたしも職業用ミシンを買い換えたときに送り歯が下がるタイプ

だったのでそれまでボタンホールを作るときに必ず付けていた

付属のプレートを付けないでボタンホールを作りました。

そうするとリバティタナローンなどの薄い布はきれいに

ボタンホールが縫えませんでした。

厚地はOKなのですが。

 

 それで、家庭用ミシンでボタンホールを縫っていました。

リバティの場合は裏にミシン刺繍用の後で取れる芯を

使わないときれいに出来ませんでした。

家庭用ミシンではどの布でもきれいにボタンホールが

出来るというわけではありませんでした、ブロードは

きれいに出来ましたが、ツィードの厚地は布を送らなかったり…

 

 お払い箱同然になった職業用ボタン穴かがり機をある時

以前やっていたように針板の上に付属のプレートを

付けてやったらちゃんとボタンホールが縫えました。

送り歯が下がる(今の職業ミシンはたぶん皆このタイプ)

職業用ミシンでもプレートは付けたほうが良さそうです。

 

 

 

衿なしブラウス

  • 2017.03.24 Friday
  • 10:19

 型紙ソフト、「パタピッ」がパソコンに読み込めなくて

バージョンアップか?と迷っていましたが、三月に入ったら

急にまた使えるようになりました。

で、使えるうちに元になるワイドパンツやジャケット、コート

などのパターンを作って保存しました。

ドロップショルダーの衿なしブラウスも作り、シーティングで

お試しに作り、試着し手持ちの布で縫製して完成したのが、

↓こちら。

文化の人台は背丈がが短くバストアップしているので

ポケットが下に見えます、あしからず。

巷ではゆとりのあるちょっと張りのある素材の

シャツブラウスが出回っています、袖も盛り袖で。

でも自分に合うように衿ぐりも開き過ぎず、

ゆとりもほどほど(ゆとり16cm)、

アイロンをかける時にかけやすい前あきにしました。

メンテナンスするのも自分なので。

夏用に袖の短いものも作ってみたいですし

これを袖なしにするとフレンチ袖のブラウスに

なります。いろいろ作ってみたいパターンです。

ドロップショルダーのシャツ

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 15:41

昨年買ったサマーウールでドロップショルダーのシャツを

作りました。

手持ちの型紙の肩はこの型紙で、衿はこちらの型紙で

と合体させて作りました。

後ろは前より5cm丈を長くして差をつけました。

サマーウールってアイロンが効きにくいです。

グレーはきれいな明るい色と合わせて着た方が良さそうです。

トラベルトート

  • 2017.03.12 Sunday
  • 18:05

 「家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」(本)からトラベルトートバッグを

作りました。出来てみると結構大きいです。

本では10号帆布ですが本体部分は8号帆布で作っています。

切り替えの下の部分の布は茶色でクルールさんの布です。持ち手は市販の

テープを使いました。袋口の巾着がミソですね。

最近は厚手の物はジャノメの職業用+マジックカケ、普通地は

JUKIシュプールで縫っています。

 

 

ノーカラージャケット

  • 2017.03.02 Thursday
  • 15:07

 洋裁本「パターンアレンジを楽しむ カーディガン・

ベスト・ブルゾン」の表紙のノーカラージャケットを

作りました。

ドロップショルダーはだらしない感じになると

思い込んでいましたが(だからセットインスリーブの服

ばかり作っていました。)案外良いです、

この肩のシルエット気に入っています。

素材はC&Sさんのフレンチパイル、マスタードです。

 

 中に着せているシャツはこの間ブログに載せた

シャツです。

クルールさんの布、八ヶ目ストライプシャツストレッチ

ブルーです。クルールさんらしい、上品に仕上がる布

です。

 

 デニムのワイドパンツはこの間、鎌倉スワニーさんに

初めて行ったそのとき買った布で作りました。

鎌倉スワニーさんネットでは輸入生地など買ったことは

何度かありますが、店舗は初めて。

すてきな布のたくさんのバッグが飾られていて、

手作りの魔法にかかりますね〜

帆布の色目もすてきでした。またいつか行きます、

きっと。
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM