長財布と手帳カバー

  • 2017.01.19 Thursday
  • 21:56

皮革のはぎれで長財布と手帳カバーを作りました。

naga.jpg

長財布のほうは深緑なのですが…色がうまく出ていません。

サイズなどは手作りバッグのお仲間のを参考にさせていただきました。

中にちゃんと小銭を入れる仕切りもあります。

ちょっと厚めのシュリンク加工された皮革です。

手帳自体は買った商品のおまけにいただいたもの。

でも皮革のカバーを付ければ、そうは見えまい(W)

ジャノメの職業用ミシンにマジック掛けプラスでこのくらいのものだったら

ストレスなくきれいに縫えるな〜とほっとしています。

長財布の口は正に皮革に長四角の切れ目を入れファスナー口にしています。

nagatate.jpg

シール式の裏地と合わせて二つ折りして回りをミシン縫いで簡単仕立てです。

帆布と皮革のボストンバッグ

  • 2017.01.15 Sunday
  • 20:08

去年から作っていた帆布のボストンバッグやっと作りました。

bosu1.jpg

「家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」に載っているボストンバッグです。

本では10号帆布使用、それを8号帆布でつくりました。

別布部分は本では11号帆布ですが皮革で作りました。

裏もつけました。

10号帆布なのでかなり厚くなりファスナーと本体をつける部分は

改造しました。

bosu2.jpg

金槌で付けるスナップボタン、もういつどこで買ったのかわからないくらい古いパーツ。

やっと役に立ちました。

これの旅行鞄を作るための帆布も買ってあるけれど、どうしようかな〜と思案中。

ところで現在わたしのパソコンは無く家族のを借りていましたが、それが使えなくなり

また別のお古のパソコンを使っています。iPfoneで写真を撮りパソコンのフォトショップで

加工するのですが、お古のパソコンに入っているフォトショップは以前使っていたのより

新しいバージョンなので、わけがわからず、切り抜きしたはずなのにされていない…

HOW TO本を買ったのに暮れの掃除の時に行方不明。

洋服のパターンを作るソフト「パタピッ」も随分前からパソコンが読込まなくなり

お金を出してバージョンアップしようかどうしようかと思案中です。

いろいろどうしようが重なる新年初頭です。

2016年いくつ作ったか

  • 2017.01.01 Sunday
  • 00:17

ブログを更新しようとしていたら2017年になってしまいました。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

2016年は洋服は16着作りました。

年々先細り、少なくなっています。

洋服のほかバッグとかポーチ、ボランティアのバザー手づくり品などは

結構作りました。

 

2016年は元手織り教室でご一緒したお友達たちとも会って

刺激を受けましたし、また元バッグ作りのお教室でご一緒した方と

偶然お会いし月に2回くらいはそちらのお宅で手づくりさせていただいています。

小学校からのお友達と時々会って彼女お手製のワンピースなど

見せてもらうのも楽しみでした。

 

2017年は自分に似合う服をいっぱい作りたいです。

 

Wポーチ

  • 2016.09.23 Friday
  • 17:23

偶然バッタリ、以前習っていた趣味のお教室の仲間と

手芸屋さんで出会いその方のおうちで月に2回くらい

手作り会をしているのでとお誘いをされました。

その方のおうちの一室はアトリエみたいになっていて

そういう専用の空間があるのはいいですね。

 

そこでWポーチの作り方を教えてもらいました。

とりあえず、手持ちのビニールコーティングされた素材で作ってみました。

二つのポーチをつないだ真ん中のところはカード入れでしょうか。

もっと小さいのも作りたいと思いましたが、構造上カード入れを

作るとなるとこの大きさが妥当なのでしょう。

中側はシール式の合皮です。

雨の日のショルダーバッグ

  • 2016.09.13 Tuesday
  • 14:49

以前、雨の日用のバッグを作ったのですが、リベンジでまた作りました。

手持ちの材料もなんとか減らしたい、今回はキャスキッドソンの

オイルクロスで。

サイズ型紙は帆布のバッグの作り方に載っていたのをそのまま。

でもショルダーの肩掛けを引っ掛ける金具を使いました。

ame.jpg

本では素材はデニム、下の切り替え部分も同じデニムでしたが

皮革を使いました。皮革の裏はシールタイプの芯を使いました。

ame2.jpg

自分でバッグを作る場合家庭用ミシンや職業用ミシンが普通は

多いと思います。持ち手とバッグをつなぐということが

結構難しいです。こういった市販の金具を使うとかなり

作業が簡単になります。

持ち手は以前自作したものを利用しています。

ame3.jpg

ファスナーの向きを反対にしてしまいました。

右利きだと使いにくいので、本来はバッグの後ろに付けるはずの

ファスナーを前に持ってきました。

今回も失敗、もともと地図とか方角に弱いのですが、こういったものを

作る時の左右とか向きにも弱い…です…。

バッグの口はマグネットホック止め。裏地はC&Sさんのヴィンテージ風

リネンを使いました。内布にも同じようにファスナーを付けました。

底の切り替え部分の皮革の裏にシールタイプの0.6mmの芯を

貼りましたがかなりの厚みになり縫製が大変でした。

これも勉強で、もっと薄い芯が良いようです。

ジャノメの職業用ミシンとマジックカケを使いました。

帆布のトートバッグ

  • 2016.09.02 Friday
  • 18:33

本屋さんで「家庭用ミシンで作る帆布のバッグ」という本を2ヶ月くらい前に

買いました。

その後も帆布で縫うバッグの本がいくつか出ており今、帆布バッグは

流行っているのでしょうか。

C&Sさんで買った帆布は持っていましたが、8号帆布がほしくて、ネット検索して

家庭用ミシンで縫える8号帆布を買いました。

届いてこれでしっかりしたバッグが出来るのかな〜と思いました。

風合いも想像していたのとちょっと違う、色も。

 

本には基本のトートバッグの作り方が詳しく載っていましたが

もう一つ大きいバッグを作りました。

to-to.jpg画像下にあるのは他にも買ってしまった8号帆布。

黄緑色の布が8号帆布。グレーっぽい深緑の布は

以前C&Sさんで買った11号くらいの帆布。

ポケットにはひさしぶり〜のミシン刺繍。ハスクバーナの

刺繍ミシン無事動きました。

裏無しなので、端の始末は手持ちの布で包みました。

本では綾織りテープで包んで始末しています。

出来上がってみると、思ったよりしっかりしています。

布の風合いも悪くないです。

肩に掛けれる長さの持ち手なので、楽そう。

ミシンは家庭用ではなく、ジャノメの職業用ミシンを

使いました。無理なく縫えていますが裏側端の始末の布を

包む部分ではかなりの厚みになります。

本に載っている、ボストンバッグやトラベルバッグも作る

予定で8号帆布を買っているのですが、

本を見るとめんどくさそう。

でも作らないとまた布がたまってしまう…

 

b.jpg

大きな貝ボタンのブラウス

  • 2016.08.15 Monday
  • 12:16

何年も前に買ったイタリー製の布でブラウスを作りました。

開襟は涼しいのですがこの布の場合衿無しの方が合うと思い

衿無しにしました。ボートネックもよいかも。

神田にある輸入生地屋さんの布です。

ジャガード織りで少しだけしっかりしています。

わたしはセットインスリーブのパターンを作る時、

いせを少なめにしています。そのほうが縫製が簡単なので。

でも平織りの布と違い、ジャガード織りはいせが寄せやすいと

思いました。

fun.1.jpg

涼しいように袖口もちょっと広めに。夏らしく大きな

貝ボタンにしました。昔のブラウスみたい?

fun.b.jpg

既製品のストールと合わせてみました。

 

Tシャツを前あきに

  • 2016.08.13 Saturday
  • 17:44

デパートのバーゲンで買ったTシャツ、質の良い布なのですが、

着てみると伸縮性がほとんどありません。

今、50肩で腕が動きませんので、これでは着れません。

それで前あきにリフォームしました。

家に布のお店クルールさんで買ったオープンファスナーがあったので

使いました。

最近作ったキュロットの残り布を前たてにして切ったところを包み

オープンファスナーを縫い付けました。

rif..jpg

 

開襟シャツ

  • 2016.07.19 Tuesday
  • 18:36

夏の普段着はわたしの年齢になると体の線を拾わない、透けない、天然繊維が良い

ということで小関鈴子さんの布でアロハシャツみたいなものを作ろうと思い、

でもいきなり作って失敗は嫌なので、手持ちの古い布でお試しで作りました。

aroha.hana.jpg涼しいように身幅、袖を太めに。

型紙作成ソフト「パタピッ」がパソコンに

読み込めなくなり、保存しておいた自分サイズの元型

の身幅を太くしたり、袖の付け根を下げたりしましたが

バランスがわからなくなりました。

「パタピッ」が使えないので、パターン教室に通って

いた頃のファイルを見て、開襟のパターンや袖のパターン

を作りました。

最初の袖は太すぎて失敗、画像は2回目の袖。

 

実はこの記事も最初のが消えてしまい2回目です。

今日はトラブルが多いです、画像加工のフォトショップが

うまく起動しなかったり…

 

この布は随分昔の「はなはっか」さんの布。

コットンとリネンの混紡。当時は人気の布で

既製品にも使われていました。色違いももう2色買いました。

 

 

koseki..jpgこちらはパターンを作り直して本番の布で作った

開襟シャツ。

パターン教室の時のファイルを参考に作った袖のパターン

がきれいです。身幅もすっきり細く見えます。

このパターンで白いリネンでシャツを作り〜たい、

羽織る上着にもなるように少しだけしっかり目の布でも

作りた〜いなど、でも早く作らないと夏が終わってしまう。

 

○ニクロに昼間行きましたらリバティの柄のブラウスが

1500円で出ていました。ガクッと来ました、安い〜

薄い素敵な色柄のブラウスもありました。

○ニクロはパターンが良いとわたしのパターンの先生が

おっしゃっていました。

あ、でも人と同じ服はいやぁ〜だから自分に似合う

自分サイズの服を手作りするの。

なぁんて思いながら○ニクロでニットやカットソーは買っていますよ。

 

小関 鈴子さんのネットショップで買いました

  • 2016.07.01 Friday
  • 17:15

JUGEMテーマ:趣味

ヤフオクで端切れを見ていたら「小関 鈴子」さんの布が

気になりました。

それで夏に普段気軽に着れる、アロハシャツのような物を

作りたくなりました。

端切れではなくて1.5mは必要なので、ネットでいろいろな生地屋さんを

検索しましたがその布はありませんでした、でも

「小関 鈴子」さんご本人のネットショップにはありました。

それでオーダーしました、そしてまぁ迅速!すぐに届きました。

そして宛名書きのパッケージのガムテープがはがしやすい工夫がしてあり

はぎれのオマケが!添え書きとキルトステッチショーのパンプも。

はぎれのオマケは本当に小さい物がほとんどなのですが、

それをきれいに上手に重ねてありました。

パッチワークに充分使えます。楽しい〜

布を大事になさってるのだなと感じました。

画像を撮りました。あまりきれいに撮れなくて…

でも本当のは素敵ですよ。

袋から出して撮影したたほうが、良かったですね;

 

2016.suzu.jpg

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM