診断されるまで

  • 2018.01.17 Wednesday
  • 03:45

ここ数年疲れやすくて家で寝ている事も多く、また家の階段で

つまずく事もあり年かな?と思っていました。


昨年11月初め美容院で派手に転びました。パーマをかけてその時は

何事もなく自転車で帰宅しました。翌日は実家へ行きました。

昼食時噛みにくいと思いました。

そのまた翌日はボランティア、雨が降りそうだったのでバス停へ

向かいました。バスが行ってしまいそうだったので走りました。

たぶん10メートルくらいしか走れずバスは行ってしまいました。

次のバスを待ち、乗車して降りました。歩き出したら背中がキュー

っと縮まり歩幅も非常に狭くまるで超高齢者の歩き方になって

いました。初めての経験です。

現地に着いてしばらくしたら、ほぼ前の状態に戻っていました。


翌日早速整形外科を受診しました。レントゲンを撮りましたが

異常なし。圧迫骨折もなし。

痛み止、抗生剤、湿布をもらって帰りました。

2週間経っても別に変わりなし。

その後パソコンの字が見えずらく、食事中噛んでいると顎が動かなくなる。飲み込みにくい、瞼が下がってくるなどの症状があり

これは打撲ではないと感じ初め、ネット検索すると筋肉無力症が

当てはまりました。

整形外科でその事を言うと院長は笑いました。そしてじゃ内じゃないから近くの○○神経内科行けとキッパリと言いました。

その足で紹介状を持ち○○神経内科へ。まず脳のCTを撮られました。

異常なし。わたしが頭ではなく筋無力症の検査をお願いしますと言うと

医者は躊躇、だって打撲したんでしょというわけです。

そこをもう一押しして検査してもらいました。結果は筋無力症でした。

大学病院に行き重症筋無力症と診断されました。


コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM