自粛生活のお陰で?

  • 2020.05.23 Saturday
  • 10:39

毎日ミシンで何か縫っています。

今ほとんど使っているのはジャノメの職業用ミシンです。

キュルキュルと音がするので、油きれだろうと整備点検に出しました。

取りに行った時にキュルキュルとした音は無くなったが

このミシンの構造上どうしてもしょうがない音がすると

言われました。いかにも縫っていますというズンズンという音の

ことかしら。

 

ミシンはそれぞれ音が違います。

ブラザーヌーベルは音が静かで扱いもわかりやすくやさしいです。

故障もしなかったし、好きなミシンですが厚い物、段差に弱い。

衿の角を縫うとき工夫しないと縫えない、段差のあるときに

目がつまる(針目が小さくなる)などありました。

JUKIシュプールは姿がスタイリッシュ、縫いももちろんきれいですが

中国製で個体差があるかも。

わたしが使ったのは空回りする時があり、その音がいやでした。

下糸が巻けなくなり、保障期間中だったので無料で修理に出しました。

音は唱っているよう?W

一時期JUKIシュプールが一番パワーがあると言われていましたが

ジャノメのコスチューラの方がパワーがあります。

シンガーのプリュルムというミシンも使いました。

フリーアームになるミシンです。

少し厚物に弱いです、ジャノメに比べると。

中古ミシンは当たりはずれがあり注意です。

シンガーの188プロフェッショナルも使いました。

油を注すところが多すぎる、重い!

動きも軽く縫い目もきれい、自分でモーターをつけましたが

ミシン屋さんによるとYDKのモーターは家庭用ミシンに

付けるためのもので、もっと大きいモーターを

付けないとだめだそうです。

確かに厚いところには弱かった、手回ししてました。

大きいモーターを付けるには大きい頑丈なテーブルが必要です。

つまりスペースがいります。

足踏みタイプが理想かもしれないです。省エネですし。

 

いわゆる家庭用ミシンというのは小さな物、マスクとか作るには

良いかもしれませんが、 服を作るにはわたしには面倒な感じ。

家庭用ミシンで服を縫う人はとても器用だと思います。

押さえ金が大きくて、縫っている所が見えにくい。

スピードも遅い。

初心者ほど職業用ミシンが良いと思います。

家で服を縫う人が少ない原因の一つは家庭用ミシンのせいもあると

思います。

向かって右の布でキュロットスカートを作ったので

合わせて向かって左の布でシャツブラウスを作ろうと計画しています。

在庫を見たらピッタリのボタンもありました。

ブラウス用の布は横糸オレンジのような色、縦糸紫青のような色。

糸の色をどうしようかと、今手芸屋さんがお休みなので

手持ちの糸でなんとかするつもりです。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM