今日びっくりしたこと

  • 2020.06.05 Friday
  • 18:49

家のミシンをこの間、整備に出したのですが、

同じ機種(ジャノメの職業用)がもう一台ほしいと思い

中古で手に入れました。

 

ここ数日そのミシンをいじくっていたのですが

(油を注したら動くようになり、外観もきれい)

縫うことは出来るし、下糸も巻けるが

返し縫いレバーが動かない。

糸の針目が大きくしたり小さくしたりが出来ない。

これはやっぱり修理と思い、大体ミシン屋さんは

オクなどで手に入れたミシンの修理は嫌がります。

自分のところで新品のミシンを買ってほしいからです。

なので前回頼んだミシン屋さんには頼めないので

ネットで修理依頼出来る店にメールを送ったら

お返事が来て、大変込み合っているのでお受けして

お返し出来るのは9月ですって!!!

 

今うちにあるコスチューラ(ジャノメの職業用ミシン)は

30番以上の糸専用にして(マジックカケ付けているから)

中古で買ったのは60番の糸専用にして普通に地縫い用と

思っていました。

服にステッチを入れる場合、ステッチは30番の糸を使うと

既製品ぽくなります。

一台のミシンで地縫いとステッチをすると、いちいち糸を変える、

糸の調節もするというのがとても面倒なのです。

なので2台あると楽になります。

また同じミシンだと共通に使えるものもありいいのです。

 

以前修理を2回お願いしたネットの修理屋さんもHPを見ると

受注数が以前の3倍くらいになっています。

そもそもいいミシンはネットで売り切れになっていますから

家のミシンを修理しようと思う人が増えているのでしょう。

なぜまたミシン?ということになるのは多分手作りマスクです。

 

しかたないのでちょっと前にお願いしたミシン屋さんにまた

持ち込むことに。

一週間ほどで直せるはずですが、混んでいたらどうしましょう…。

今度のは二週間かかるそうです。中が錆びているそう。

実は自分で中を、開けられるところは開けてみましたが、

返し縫いレバーの中は錆びていました。

錆びるというイメージは釘などの鉄さびを思い浮かべますが

ミシンの中はそれほどではないので大丈夫と思ってしまいます。

でもやはり影響はあるのですね〜。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM