カーディガン編みました

  • 2014.12.18 Thursday
  • 09:12
 家族に頼まれたカーディガン出来ました。
ひさしぶりの機械編み、リハビリ的なので柄は裾だけ。(いかに簡単に!という方向に
いつも走ります)
しかもゴム編みの始末は最後くるりんに。メリヤス編みを最後に編んでかぎ針で
ふせるとくるりんに。ゴム編み部分とくるりんは糸の色を変えました。
ローワンのツイードの毛糸が雰囲気あります。
自分用のバカラエポックのカーディガンも後はボタン付けだけ。
家に合うボタンがないので、おあずけ。
リッチモアのバカラエポック、とても温かいです。ぼかしの柄が偏ってしまいました。
ブラザーのるーぱるフレンドNaNaでメリヤス編みで編んでいるので、
編みあがりは早いです。
こちらは編み物雑誌「毛糸だま」の昔のを引っぱり出して、デザインを真似して
製図段数計算しました。
ぼかしの柄が偏ってしまっているので、練習に段染めの糸で家族に
別のカーディガンを編んでいます。
NaNaに内蔵されている子供用セーターを使ってカーディガンに改造してます。
NaNaのデザインは大きめで家族には大きいのです。
こちらはリッチモアのメリザンド、ラメが入った毛糸でNaNaで編んでいます。
前あきはファスナーにするつもりです。
家にある毛糸始末のつもりで久しぶりに機械編みをし始めましたが、
また新しい毛糸いくつか買ったりしちゃっています。いいかげんにしないとね。




ゴム編み機の針押さえ

  • 2014.12.02 Tuesday
  • 21:28

家族に頼まれカーディガンを編んでいます。画像は後ろ見ごろ。裾はゴム編み機で編んで
しまおうと考えていたのですが、どうも調子が悪い…
ゴム編み機の針押さえが劣化しているのかと疑ったのですが、ゴム編み機の針押さえは
本機と違い、スポンジ付きではありません。
ネットで調べたのですが、ゴム編み機の針押さえについての情報はありません。
で、諦めてゴム編みする部分はタッピ返しでゴム編みに目直ししました。
その後、足を負傷してしまい、更なるゴム編み機に対する原因追究は
ちょっとおあずけ…ゴム編み機を本機に設置するのも大変なので。

でもゴム編み機の針押さえについては知りたかったので
ネットでみつけた機械編みの先生にメールしたり、
ブラザーさんに電話したりしてしまいました。
ゴム編み機の針押さえの場合、機械内部にバネがあってそれが劣化して
いる場合、修理が必要で修理を請け負うお店の電話番号を
教えてもらいました。
ネットでリッカー「るくれ」は針押さえがスポンジではなく
バネだという情報があったので、もしかしてゴム編み機も?と
思っていましたがやはりバネでした。

ゴム編み機全然というくらい使いこなしていないのですが、
修理するかどうか…タッピ返しでもいいし…
ま、足が治ってから考えましょう。
その後、ゴム編み機の針押さえにサテンリボンを両面テープで
貼って使えるようにしている人をネットで見つけました。
試してみたい…
 

編み機、編めるかな?

  • 2014.11.25 Tuesday
  • 15:08
冬、編み物がしたくなります。
私の場合は編み機で編み物がしたくなります。
数年に一回とか使わないので、まず使えるかどうかからはじまります。
まずは気楽にNaNa(ブラザーの7mmピッチの編み機)で…
カーディガン制作中。糸はリッチモアのBACARA EPOCH
段染め糸なので、糸の出方が難しいですね。
袖も編めているのであとは仕上げだけ。

4.5mmピッチの編み機の方は使えるかな?と試し編みしてみました。
最初レース編みが出来ませんでした。レース編みキャリッジが引っ掛かって
動かなくなる現象が…レース編みキャリッジ壊れたかな?
でもまず針板の交換をしてみようと、針板のスポンジ部分、劣化した
スポンジ部分をはがし隙間テープを買って来て1cm幅にカッターで切って
貼りつけました。
やはりスポンジの劣化のようで、新しくしたら無事レース編みが出来ました。
向かって右は編みこみ模様、そもそも昔編み機を買ったのは
簡単に編み込み模様が編みたかったからです。
編み機って頑丈な機械だなと思います。針板さえ変えたら何十年ももつのですから。


 

シルバーのくるーる

  • 2013.01.10 Thursday
  • 14:12
 編み機で編む気持ちのあるうちに…ということでNaNaで再び編んでいます。
イギリスのRowanのスパンdkというネップのある毛糸、ベーシックな
Vネックのセーターです。この糸もしかしたら今は廃番かも。
糸足が長くて4玉くらいでセーター1着出来ちゃいます。

↑色がきれいに出ていません…
何年か前に買って試しにしか使っていないシルバーのくるーるで袖下を綴じてみました。
まず目をかけて、やってみると案外簡単です。

ミシンと同じくフットコントロールで足踏みしてみると動き出し綴じているところ。

きれいに綴じてくれます。

マイコン編み機NaNa

  • 2012.12.27 Thursday
  • 08:28
 寒くなると、そして一年の暮れになると編み機で何か編んでみたくなります。
気楽に早く編みたい時はブラザーのマイコン編み機NaNaで編みます。
メリヤス編みのセーターなら一日で編めます。
今年はちょっと凝ってみたかったので、アラン模様風に。
複雑そうですが編み機のマイコン部分にカセットを入れて、とにかく
指示通りに目をかけたり縄に交差させたりすると出来てしまいます。
本当に編み物に慣れた方には手編みの方がいいと思うでしょうが
初心者でも機械ならこういう事が出来ちゃうというのがブラザーさん
らしいです。残念ながらもう編み機は日本では生産されていません。
この編み機も10年以上前の物、まだまだ使いこなせていないので
いろいろ編んでみたいです。

これは後ろ見頃です。

シルクコットンの機械編みのカーディガン

  • 2012.05.17 Thursday
  • 07:49
シルクハセガワのスズ(色はサックス)で今の季節のカーディガンを編みました。
シルクコットンであまり伸びのない編み地、ニュアンスのある糸なので
シンプルにメリアス編みにしました。
この糸が届いた時に思ったより、くすんだ色だったので、糸見本頼んでからに
すれば良かったとちょっとがっかりしましたが、実際編んでみるときれいな色でした。
糸は300g購入したのですが、足りなくなりそうだったので後から25g買い足しました。
パターンはパタピッで作りました、昔からあるニットは袖ぐりや
袖山が後身頃、前身頃同じなのですが、洋服と同じパターンにしました。
ニットリーダーで編む時にちょっと気を使いました(袖の前と後と形が違うので)
が、自分にぴったりなきれいなシルエットになりました。
お袖は9分丈くらい。
縁の始末はかぎ針あみで。かぎ針編みは不得意なので、時間がかかりました。

シルクの編み糸

  • 2012.04.21 Saturday
  • 21:07
ここのところひさしぶりに機械編みをしています。
手織りも始めたし、気持が編み糸、手織り糸に…
ネットでシルクハセガワというシルク糸の専門店をみつけました。
「ギンガ3」というシルク糸と「スズ」というシルクコットンの糸をそれぞれ数色買いました。
画像の糸見本は後に購入、最初糸見本買ってから注文すれば良かった…。
メリアス編みでゲージを編んでみました。
ニット用のパターンもパタピッで作りました、パタピッマガジンに載っていたもので…
その後もシルクハセガワでリネンの糸を買いました。
押し入れの整理をしたら生地の多さにあらためてびっくり!
生地や編み糸を買ったら作らないと減らないということで、自分が作れる分だけ買いましょう
と反省と(近頃は生地買いは押えてあまり買っていないのですよ^_^;)言い訳。

機械編みでカーディガン

  • 2012.03.21 Wednesday
  • 08:52
実はNaNaで編む前、4.5ミリピッチの編み機でカーディガンを編みました。
古い中細毛糸でこの糸も染めようかと思っていた物です。
機械編みのリハビリ(しばらく編んでいなかったので)のつもりで編みました。
裾と袖口はゴム編み機を使いました、ゴム編み機はゴム編みがすいすい編めます。
前立てはかぎ針編みで、ボタンも手持ちの物で。

NaNaで編んでみました

  • 2012.03.17 Saturday
  • 16:06
お見せするほどの物ではないですが…針板を取り替えたので、ブラザーマイコン編み機NaNaで
セーターを編んでみました。
編み機が指示してくれるので気楽に編みたい時はNaNaちゃんで。
はじめてのマイコンニットのNo.10くるりんえりのこどものセーターの10-12才サイズ。
袖丈を長くすれば、じゅうぶん大人用。
くるりん衿はやめて二目ゴム編みにしました。
胸ポケットを付けたりして。
前後身頃、袖、これはメリアス編みなので一日で編めます。
とじはぎは手で、何年ぶりかの二目ゴム編み止めなので思い出すまで
時間がかかり…
今度はもう少し複雑な模様編みか編み込みをしてみたい。
この毛糸は手持ちの糸で染めように買った糸、とじはぎをする時
よりの甘い糸なので編み目が見えにくい、自分の年齢によって糸も選ばないと。

編み機用、便利グッズ

  • 2012.03.17 Saturday
  • 07:17

こちらの画像の物は「両目タッピ」ブラザーのアンドレに付属で付いています。
正式名は「両頭針」というのだそうです。
ブラザーのアンドレ(今は製造していない)はブラザーのパリエ891以降に
発売され編み機の上にセッティングして、スイッチを押すと
勝手に裏表の模様を編んでくれる物です。
タッピ返しをして編むゴム編みもアンドレが勝手に編んでくれるので
コーヒーブレイクが出来ます。(ブラザーのはじめての編み物という教本には
コーヒーブレイクのイラストが)
ゴム編みだけではなく、パンチカードをセットすれば裏と表の模様が
自動で出来ます。
ミシン刺繍をミシンが勝手にやってくれるのと同じ。
その裏表模様の編み目がはずれてしまった時に目直しするのに
便利なのが「両目タッピ(両頭針)」です。
普通に付属されているタッピだと表目にするのは簡単、裏目に目直しするのは
やりにくいです、ましてやゴム編み機装着だとますますイヤに。
この「両目タッピ(両頭針)」手編みの時も便利です。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM