大きなバッグ

  • 2015.10.30 Friday
  • 16:36
 家族に「大きなバッグを作って」と頼まれて作りました。
表の布は以前新宿オカダヤさんで買ったポリエステルの防水生地。
ちょっとグレーの入ったような焦げ茶です。
アイロンが使えない、両面テープが効かない、スライサーなどのシール式の芯を
貼るとミシンがかけにくい、重たくなる、なので芯なし。
何か入れないとクタクタでどんな形なのかわかりにくいですね。
big.bag1.jpg
バッグの口は皮革を縫いつけてファスナーは50cm。
big.bag3.jpg
肩ひももオカダヤさんで買った物にDカンとナスカンを付けました。手作りする時、
big.bag2.jpg同じサイズで同じ素材の部品を揃えるのが大変です。
今回肩ひもは5cmの無地のを買ったのですが、5cm幅のナスカンがなく、別の4cmの肩ひも(画像の物)と4cmのDカン、ナスカンに変更しました。
たまたまひもの紫部分と同じような色の皮革が家にあったのでファスナーの口に皮革を使いました。

いつもJUKIのシュプール(職業用)で縫っているのですが、下糸を巻いたあと突如動かなくなりジャノメの職業用で縫いました。シュプールはスピードがあって好きなのですが、ジャノメの方が厚物は安定して縫えるかもしれません。シュプールはその後、また縫えるようになりました。
今回のバッグは大物なので大変でした。材料費など考えると買った方が…。でもまぁ考えてみると自分で作れるということがうれしくて手作りしているのだと思います。

雨の日バッグ

  • 2015.10.18 Sunday
  • 20:13
 今年は雨が例年より続くことがあり、雨の日に買い物に行く時のバッグが必要だと
思いました。
RickRackさんの狛江店で買ったラミネートの生地があったので、作ってみました。
手持ちのバッグ用芯、ワッペンスライサーも残りが少ないので部分的に使いました。
バッグの折り返しの部分は芯なしでやってみました。

本格的な?バッグは久しぶりで、ワッペンスライサーはシール式なので、
アイロンをかけられない皮革やビニール素材には便利ですが、粘着力がある分
縫製の時にミシン糸(30番)が引っ掛かり糸が切れたり、均一に糸が縫えなかったり
かなり最初苦労しました。一々ミシン油を針に塗ったりすれば、軽減はされますが
これは「バッグ作り」のお教室で習った通りにするよりも自分で工夫する必要が
あると思いました。

rr1.jpg
斜め掛けバッグです。お買いものの時に便利。
rr2.jpg
実は前も後ろも同じにファスナーが付いています。
rr3.jpg
バッグのファスナー付けはお洋服のファスナー付けより簡単です。
とにかくシンプルに簡単に出来る事を考えて作りました。

ベージュの少し大きめバッグ

  • 2014.03.21 Friday
  • 14:32
 バッグ作りのお教室で作りました。
素材は蔵前の角田商店さんの店頭のワゴンにあった
1000円の皮革です。
パターンは先生デザインのを使わせていただきました。
色はこれからの季節に良い、ベージュ。

カーディガンなどたたんで入れられるサイズ。
同じパターンでもう一つ、色違いのを作る予定です。

シンプルバッグをまた

  • 2014.01.30 Thursday
  • 09:57
 親戚用にシンプルバッグをまた作りました。
私用に作ったのとほぼ同じ。ただかぶせ部分はひねり金具
charmyさんで購入)にしました。
そして画像では見えないけど裏地を変えました。

国際キルトフェスティバルで

  • 2014.01.27 Monday
  • 09:49
 国際キルトフェスティバルで切り売りのファスナーを買いました。
スライダーも好きな色を選んで、ばら売り。
画像ではきれいな色がでていないけど、ブルーは微妙な良い色です。
もう一方は黄緑。こちらも画像ではきれいに色が出ていません。
スライダーは遊ぼうと思って数色買いました。

キルトフェスティバル相変わらず混んでいました。
昨年より混雑していて、スムースに歩くのが大変。
ファスナーの他、ブラウスやパッチワークの裏布に使えそうな布を
いろいろ買いました。

B4サイズの書類が入るバッグ、黒

  • 2014.01.19 Sunday
  • 14:39
 B4サイズの書類が入るお仕事用のバッグを家族用に作りました。

画像ではわかりにくいですが、ペタンコのポーチも作りました。
金具がポイントです。角田商店さんで買いました。
でもその金具を通す穴を開けるのが大変でした。
なかなかサイズ通りにいかなくて…

真ん中(ファスナーのところ)にB4サイズの書類が入ります。
そして本体との間も両側ポケットになっていて収納力のあるバッグです。

裏側はお約束のファスナーポケット。
今回もうまくいかなかったところ、いろいろあり…
もちろんうまくいったところもあります。
布のバッグと違いまず縫う時、固くて自由が効かないところが大変です。
中古の職業用ミシンを革を縫う専門で使っています。
立体を縫うのに腕ミシンがあれば、もっと楽に出来るのになと思いますが
腕ミシンにしろ革漉き機にしろ、バッグが幾つも買えちゃうお値段。
深入りしないようにしています。

A4サイズの書類が入るバッグ

  • 2013.12.15 Sunday
  • 08:16
 今バッグ作りのお教室で作っているバッグです。
デザインは先生のもの。

入れる所が内側は3か所あって真ん中ファスナーの所にA4サイズの物が入れられます。

キズのある皮革なのですが、厚みがあるのでそれなりに見ごたえというか
皮革らしいバッグになりました。 ただ先生のご指摘通りこの皮、重い…
中心のファスナーの両脇も物が入れられるのですが、あまり入れると
さらに重たくなるでしょうね。
これに付ける皮革のチャームポーチみたいな物も作っています。
グレーだし無地だし、ちょっと殺風景なもので…

皮革のバッグの持ち手

  • 2013.11.20 Wednesday
  • 16:32
今作っているバッグの持ち手です。

習っている先生のパターン使用しています。
表はスライサー芯を貼って、縫い代は漉いて折って糊付け。
裏は全面漉いて表と張り合わせてから、際にミシンステッチ。
この時、二つ折りした部分はステッチを残してあります。
二つ折りしてその部分だけまたステッチ。

なのですが、かなりの厚みになりミシンの押え金の下に入らない…
手縫いにする?しばらく放置して考えました。

そうだ!木槌で叩いて少し薄くしたら押え金の下に入るかも。
入りました!ミシンで縫えました、ホッ!

表から見たところ

裏から見たところ

シンプルバッグ2

  • 2013.10.14 Monday
  • 10:26
以前作ったシンプルなショルダーバッグの型紙を利用してかぶせ部分のある
ショルダーバッグを作りました。
 
革漉き機を持っていないので、本体部分はナイロン生地、裏にスライサー芯を貼っています。
かぶせの部分は皮革、縁はNTカッターで漉いています。結構薄くしないと折り返しが
出来ません。
お教室で習ったようにかぶせ部分の中縫いはせず、縁はゴム糊を塗り出来上がりに折り返して
裏地も同じようにして2つを接着、そして縁を表からコバ縫いしています。
テフロンの段付き押え金を使っています。


表、裏地はそれぞれ出来上がりの状態に縫っておいて、バッグの口の部分をいっしょに
ぐるっと縫って合体。
裏地はリネン混のコットン、サイドにペンを入れる小さなポケット、
反対側にはカギを付けるループ、自分が使いやすいように作れるのが手作りの良いところ。


後ろ側はこんなふう、いつも後ろにファスナーポケットをつけています。
かぶせの部分は本体を縫う前に縫いつけます。

新しいバッグ

  • 2013.10.10 Thursday
  • 17:46
 バッグ作りのお教室の先生の今までの作品の写真帳から選んだバッグです。
今回は作品見本がなく、普通のスナップ写真しかなかったので
出来上がりが想像出来なくて、ちょっと進行が遅れました。
でもまだまだだけど、今までで一番出来は良いかな?
だんだん皮革を仕立てる要領がわかってきました。


持ち手はベルト式なので他のバッグにつける事も出来ますね。
裏側にはファスナーをつけました。画像は表側。


上から見たところ。


中身はこんなふう、たっぷり収納。レーヨンの裏地が既製品ぽいです。
金具など買いに今回初めて「蔵前」まで買い出しに行きました。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM